sawaのダイエットと健康

気になるダイエットと健康について・・・
TOP ≫ CATEGORY ≫ 骨髄移植
CATEGORY ≫ 骨髄移植
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

骨髄移植とは


【 骨髄移植とは 】

骨髄移植は慢性骨髄性白血病・急性白血病・再生不良性白血病・免疫不全症一部の先天性代謝異常症などの病気におかされた骨髄細胞を健康なものに置き換える治療法です。多くの白血病や再生不良性貧血が化学療法や、免疫抑制剤などの治療可能となりましたが、骨髄移植でしか治癒が望めない患者さんが大勢います。
健康な骨髄を提供してくれる人が骨髄ドナーです。骨髄移植は皮膚から専用の針を刺して、注射器で骨髄から吸い取った骨髄液を患者さんの静脈へ点滴で注入するものです。骨を切り取って移植するのではありません。
移植が行われても、拒絶反応や、移植されたリンパ球が患者さんの身体を攻撃するGVH病(移植片対宿主病)や、重症感染症などにより早期に死亡することがありますし、骨髄が生着して回復した後も白血病が再発する可能性があります。骨髄移植ですべての患者さんが治るわけではありません。
 

【 骨髄とは 】


骨髄とは、骨の中心部にある海綿状の造血組織で、白血球・赤血球・血小板が、ここで休むことなく造られています。骨髄には、これらま血球のもとになる骨髄幹細胞(造血幹細胞)が含まれています。骨髄は脊髄(神経系)とは関係ありません。
赤血球は酸素を運搬し、白血球は外部から侵入する細菌などとたたかいます。血小板は出血を止める働きをします。これらの血液細胞は、骨髄の中で造られて血液中に送り出されてきます。
白血病・再生不良性貧血・免疫不全症などの病気では、骨髄細胞に病気があり、正常な血球を造り出せないために貧血や免疫不全などがおこります。
HLAの型は、対になっており、両親から片方ずつ受け継ぐため、兄弟姉妹間は最大4種類に分かれ、4人の同胞の内1人の確率で一致します。日本では、血縁者の中にHLAの一致する人を見つけられる確率は30%くらいです。
スポンサーサイト

HLA型

白血球の型のことです。

 ヒトの赤血球にはA型、B型などの血液型がありますが、白血球にも型があり、HLA(ヒト白血球抗原)と呼ばれています。 HLAはA、B、C、DR、DQ、DPなど多くの抗原の組み合わせで構成され、なかでも骨髄移植で重要と考えられているのはA、B、DRの3つです。さらにA、B、DRとも10〜数十種類の違ったタイプがあり、個人はそれぞれ2個ずつ、合計6個の抗原を持っているのです。つまりA〈A24とA11〉、B 〈B52とB62〉、DR〈DR2とDR4〉......などという具合で、それぞれの組み合わせは両親からの遺伝で決まってくるものです。この組み合わせの種類をすべて割り出そうとすると、天文学的な数字になってしまいます。

 兄弟姉妹の間では4分の1の確率でHLAが一致しますが、少子化で兄弟姉妹が少なくなっている現在は、血縁者からドナーを探すことも難しくなっています。非血縁者間でHLAが一致する確率は数百人〜数万人に1人と低くなってしまうため、数十万人のドナーの登録が必要になるわけです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。