sawaのダイエットと健康

気になるダイエットと健康について・・・
TOP ≫ CATEGORY ≫ 健康
CATEGORY ≫ 健康
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

健康

基本的に日本で販売されている飲料水は、安全なため販売されている訳ですが、摂取量が多すぎると体に害になることもあります。

代表例で言えば、カフェイン。「“コーヒー飲み過ぎ”で死に至る?意外と危険な落とし穴」でもご紹介しましたが、飲み方によっては不整脈・心臓発作・脳卒中など危険な病気や、うつまで引き起こすとされています。

そこで今回は、飲み過ぎると危険な飲み物から、身を守るための方法をご紹介したいと思います。

■1:ほうじ茶
「ほうじ茶はカフェインが少なく安心だ」と、ネット上などで書かれているのを時々みかけます。そのせいか多くの人が「ほうじ茶はノンカフェインだ」と思っているようですが、実はほうじ茶のカフェイン抽出量は煎茶とほぼ同じ量です。

カフェインにはメリットデメリットがありますが、やはり飲み過ぎは禁物。コーヒーと比較するとカフェイン量は少ないものの、「煎茶を飲むと眠れなくなる」というカフェインに敏感な人は、ほうじ茶も寝る前は控えた方が良いでしょう。

■2:ココア
健康にいい、ダイエットにいい、そして最近ではインフルエンザに効くとまで言われており、万能なイメージもあるココア。しかし実はココアもカフェインがかなり豊富。よく考えてみると、確かに苦みがありますよね。

健康にいいイメージが先行して、普段気にしているカフェインのことは忘れてしまいがちですが、摂り過ぎないよう気を付けて下さいね。

■3:白湯
ベッキーさんや山田優さんがよく持ち歩いていたり、モデルや女優の中でも白湯の愛飲者は多いです。しかし、白湯といっても温度を間違えるとガンの危険もあります。

以前イランが行った実験によると、65度以下の飲み物を飲む人と比べると、65度以上69度以下の飲み物を飲む人は2倍、70度以上の飲み物を飲む人は8倍、“食道がんの罹患率が高い”という結果がでています。

熱い液体は、喉や食道などの粘膜を損傷してしまうそう。

実際、歯学博士が行った実験では、80度で舌に水泡ができる熱傷が起きています。とくに日本人は熱いお茶等を飲む習慣がありますが、ほどほどにしないと内臓が傷む原因になります。

カフェインは摂り過ぎないように気を付ければ健康に問題はないものですが、知らないうちに摂取量が多くなっていないか見直してみるといいかもしれません。

また、熱い飲み物が好きな人も、リスクを踏まえた上で気をつけてみては?
スポンサーサイト

健康

2月も後半になりましたが、まだまだ寒い日が続きますね。冷えで悩む女子にとっては、厳しい季節です。「冷えは万病のもと」と言いますが、みなさん冷えをあなどってはいませんか? 

今回は、冷えによる女性の体への害と、体を芯から温めて女度をアップさせる方法をお伝えします。

■冷えで女性の体は悲鳴をあげている!?
まずは、冷え性と低体温について確認しておきましょう。

冷え性とは手足が冷えるなど、体のどこかが冷たいと感じる状態。低体温は、救急医学会の偶発性低体温症の定義によると、本来37℃くらいある体の中心部の温度が35℃以下である状態を指します。一般的には体温が36℃以下の場合をいいます。

みなさんの体温は36℃以上ありますか? 低体温になると、冷え性の症状をともなったり、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったり、血行が悪くなってむくみやすくなります。

また、がんなどの生活習慣病、動脈硬化などの血管疾患などは冷えが1つの原因だと言われています。さらに、月経不順、月経痛、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症、不育症、更年期障害などの女性の病気も、冷えからくるものだと言われているのです。

女性の病気が冷えからくる理由は、冷えがホルモンバランスに大きく関係しているため。体が冷えることで自律神経が乱れ、その結果ホルモンのバランスも崩れてしまい、病気の原因になるのです。

ホルモンバランスが崩れると、女性の病気のリスクが高まることに加え、これまで『美レンジャー』でも「働き過ぎが原因?オス化する“ヒゲジョ”が急増中!」の記事で紹介したように、女性がオス化してしまうことも考えられるのです!

生活習慣病や女性の病気を防ぎ、オス化しないためには、体を芯から温めることが大切。では、その方法を見ていきましょう。

■体を芯から温める方法5つ
(1)仙骨を温める
体を芯から温めるためには、仙骨あたりにカイロを貼って温めましょう。仙骨とは、背中の下で尾てい骨の上辺りにある骨。骨盤の中央にあり、人間の体の土台ともいえる重要な骨です。

仙骨のあたりには自律神経が通っているので、温めると体全体が温まります。また仙骨の近くには、子宮や卵巣、卵管といった女性にとって非常に大事な臓器があり、これらを温められるのもポイントです。

『美レンジャー』の過去記事「思わず使ってみたくなっちゃう超かわいい“腹巻”3つ」を参考に、腹巻との併用するのもおすすめです。

(2)ふくらはぎを温め&鍛える
ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれていますよね。それは、ふくらはぎが血液を心臓に送り返すポンプの役割をしているため。ふくらはぎを冷やしてしまうと血流が少なくなり、血液の循環が悪くなります。そして体の細部まで血液が行かないため、体が冷えてしまうのです。

多くの女性がふくらはぎを冷やしがち。ふくらはぎを温めるために、レッグウォーマーを履いたり、100デニール以上のタイツを選ぶようにしましょう。

また、ふくらはぎの筋力が血液を送り出すポンプの力に関わっているので、ふくらはぎの筋力を鍛えることも重要です。それには、階段につま先をかけ、かかとを上下させる運動が有効。階段がなくても、ちょっとした時間にかかとを上下させるだけでも効果がありますよ。

(3)白い食べ物を避ける
マクロビオティックでは、精製されたものは体を冷やすと考えられています。白いご飯よりも、玄米、五穀米などのほうが、体を冷やしません。

また、白砂糖や三温糖は精製されたもの。なるべく白砂糖や三温糖を避け、代わりにテンサイ糖やキビ糖、ハチミツを使うようにしましょう。精製されていないアガベシロップは、ガムシロップのように使えるので、飲料に入れるのによいでしょう。

(4)漢方を飲む
過去記事「放置するとマジで危険な“月経不順”から脱却する方法3つ」でもご紹介したように、漢方を継続して飲むことで、冷え性改善効果が期待できます。

当帰芍薬散や温経湯、桂枝茯苓丸などが冷え性によいとされています。またこれらの漢方には、冷え性改善効果以外に、ホルモンバランスを整える、肌荒れ改善、むくみ改善などの効果もあるので、悩み多き女子の強い味方になってくれるでしょう。

(5)基礎体温をつける
基礎体温とは、朝起きて何も活動しないうちに体温計を口にくわえて測る体温のこと。婦人体温計を使い、小数点第2位まで測ります。

基礎体温をつけることで、正常な体温変化(高温期と低温期に分かれているか)があるか、排卵があるかがわかり、ホルモンの働きや生理不順の原因を知る参考資料になります。

冷え対策をしながら基礎体温をつけると、効果が目に見えてくることもあり、冷え対策のモチベーションアップにもつながります。基礎体温を記録するスマートフォンアプリもあるので、ぜひ活用しながら冷え対策を行ってみてください。

ご紹介したすべてを行うのは無理でも、できることから挑戦して、体を芯から温めてホルモンバランスを整える生活を心がけてみてくださいね。

健康

腰が痛むとき、いすから立ち上がった後や洗面所で顔を洗おうとしたときなど、ひざを軽く曲げると、腰の痛みが和らいだり、腰痛への恐怖感が薄れたりする、といったことがあります。経験したことのある人も多いのではないでしょうか。

腰の負担を減らして、腰痛を防ぎたい時は、直立姿勢で立ち作業をするのではなく、軽くひざを曲げると楽になる、ということをご存じの方は多いと思います。ですが、忙しい毎日では、ひざを曲げて腰を守ることを忘れがちだったり、面倒に思えてひざを曲げずにやり過ごしている人も少なくないようです。そこで、ぎっくり腰に!…という話も聞きます。

背骨にはもともとカーブがあるのですが、前かがみの姿勢では、背骨のカーブと骨盤の角度が変化して、腰背部にある筋肉に負担がかかります。そこで、前かがみ姿勢をとるときに、ひざを軽く曲げてみてはどうでしょう。それだけで、腰部の背骨にあるカーブが減少や骨盤が後ろに傾いてしまう状態を防ぐのです。

すると、おなかに力が入ることで姿勢を楽に維持しやすくなり、前傾姿勢で作業をする際の腰背部の筋肉に余計な負担がかかることの予防ともなるのです。なるべく背骨の自然なカーブを守り、腰への負担を減らしながら、生活したいものですね。

ひざを曲げることを忘れがちな人は…
外出先では難しいかもしれませんが、洗面所や台所など、立ち姿勢が増える場所に、足を乗せる台を用意しておきましょう。両ひざを曲げることは忘れてしまいがちですが、台に片足を乗せて、同様の効果を狙うようにします。15センチ前後の台が置いてあれば、片足を乗せて、腰の負担を軽減させることを忘れることが少なくなるのではないでしょうか。

健康

考えごとをするとき、携帯電話を触るとき、パソコンに向かっているとき、ついつい眉間にしわを寄せがちですよね。

でも、眉間にしわを寄せる癖を直さず、ケアも怠っていると、眉間のしわは深くなるばかり。眉間にしわがあるだけで、見た目が怖い印象になり、見た目年齢も上がってしまいます。しかも、見た目に影響が出るだけでなく、心にも影響が出てしまうのです。

今回は、眉間に隠された秘密と、眉間のケア方法をご紹介します。

■実は眉間は神聖なポイントだった
インドの女性が眉間にビンディーというストーンをつけたり、仏像にも眉間に丸く白毫が印されていますよね。これらからもわかるように、私たちの眉間はとてもパワーを秘めた場所だと言われています。

眉間は体にあるエネルギーセンターの1つ。エネルギーセンターは、ヨガの考え方でも使われる言葉で、チャクラと呼ばれます。眉間は第6チャクラで、自分の人生の方向性や道しるべ、直感に関わるパワーを秘めています。

このチャクラがよくない状態だと、どうなるのでしょうか。

第6のチャクラが弱くなってしまうと、物事を解決することができなくなったり、困難を経験することの意味を見出すことができず、立ち止まってしまいます。つらいばかりの状態になってしまうのです。

■眉間のしわは老化と不幸の原因
眉間にしわを寄せる癖は、早く直した方がよいです。なぜなら、眉間にしわが寄っている状態は、第6チャクラが閉じている状態。つまり、第6チャクラがよくない状態です。物事を解決することができず、人生の道も開けず、気分も落ち込んでしまいます。

また人相学的にも、眉間のしわは悪相とされています。絵を書いてみるとわかりやすいですが、にこにこ笑っている顔の絵に眉間のしわを書き足すだけで、怖くて老けた印象になるのです。

■眉間のしわを改善する方法4つ
とにかく眉間のしわは、なんとかするべき! ではいくつか改善策をご紹介します。

(1)眉毛の上をマッサージ
思い悩んでしまうとき、イライラしているとき、仕事が行き詰っているときは眉間にしわが寄りがち。休憩して一呼吸おき、眉間のしわを伸ばすマッサージをしましょう。

中央にお肉が寄ってしまっているので、眉毛のすぐ上あたりを顔の外へ外へとマッサージします。この時、“かっさ”を使って行うとより効果的です。ない場合は、手をグーにして、人差し指の関節を使って行ってください。

少し力を入れて痛い方は、凝っています。毎日続けてみてくださいね。

(2)しわに対して垂直にマッサージ
眉間のしわは縦に入っているかと思います。そのしわに対して垂直につまみ、揉みほぐします。ついでに眉毛もいっしょにつまむようにマッサージすると、すっきりします。

即効性はありませんが、続けることで改善が期待できますよ。

(3)視力を測る
眉間にしわを寄せてしまう原因が、視力の低下ということもあります。度の合っていないメガネやコンタクトをしていませんか? 

度が合っていないと、無意識のうちに目を細めてしまったり、眉間にしわを寄せてしまいます。しばらく視力検査をしていない方は、一度眼科で確認してみてくださいね。

(4)サングラスを活用する
冬は夏よりは紫外線が少ないため、なかなかサングラスをかける機会がないかもしれませんが、車の運転中はまぶしさを感じて眉間にしわを寄せやすいです。

冬でも紫外線量はゼロではありませんので、ぜひ紫外線と眉間のしわ防止のためにも、サングラスを活用してみてください。

いかがでしたか? 毎日眉間のしわをケアして、若々しい顔と幸せを手に入れましょう。

健康

病は気からといいますが、老化も気の持ちよう。自虐的に「私はもうおばちゃん」と言っていると、脳は聞こえた言葉に合わせて頭や体を変えていこうとするのです。怖いですね。

佐藤富雄さん著書の『人は“口ぐせ”から老化する』によると、若さのホルモンであるサイトカイン10という成長ホルモンは年齢に関係なく分泌され、筋肉の新陳代謝が盛んになり身体が若返るそう。老化を止められるかどうかは成長ホルモンサイトカイン10によるのです。

ネガティブな言葉を選ぶと、脳内に老化を促すホルモンを分泌させるので、老け込みそうな言葉を口に出す人は、早く老け込み、若さを呼ぶような言葉を使う人は、若返るとのこと。

それでは、老化を早めるNGワードにはどんなものがあるのでしょうか?

■1:「もう若くない」
プラシーボ効果のように脳は信じたことを実現する物質をつくります。「若くない」といいたくなったら、「大人になった」などと置き換えてみましょう。

■2:「年だから」
漠然と生きているだけではだめですが、脳のニューロンはいくつになっても増え、年をとっても海馬の細胞は増えるそうです。

■3:「疲れた」
よく言ってしまいがちなこの言葉。言った途端にどっと疲れが増しますよね。言うたびに老化しているのかも。

■4:「仕方ない」
一度使うとクセになるネガティブな言葉。自分の考えたプラスの言葉が最も効果が高いそうですから、自分が納得できる論理でプラスのことを口癖にするといいでしょう。

■5:「年はとりたくないものだ」
年をとることが老化ではありません。加齢は誰にでも起こる自然現象ですから、ネガティブに受け取る必要はないのです。

■6:「●●するなら若いうち」
年を取ったからといって、新しいことを始めるのはダメということは決してありません。いつまでも新しいことにチャレンジするのが若さの秘訣です。

■7:「●●さんは若いから」
楽しいことを想像するだけで身体に良いことが起きるそうです。

■8:「いまさらそんなこと言っても」
「世の中には”成長を続ける人”と”老化する人”しかいない」そう。サイトカイン10に対してサイトカイン6というホルモンは衰退をつかさどります。

今のところの研究では、どちらかのホルモンが働いていてその中間というのはなく、サイトカイン10が優勢ならばいつまでも若々しく生きることができるのです。

■9:「老後のために」
もちろん大事なことなのですが、何でもかんでも「老後のために」と考えるだけで、今を楽しめなくなります。

■10:「老後どうしよう」
老後というとおじいちゃん、おばあちゃんを思い浮かべますよね。概念として“老後”はないと考えたほうがよいようです。

いかがでしたか? よく使ってしまう言葉がありましたよね。口癖になっていたらご注意を!

ちなみにサイトカイン10は単独で出てくるのではなく、サイトカイン6によって誘発される運動で生じた細胞のダメージをサイトカイン6が取り除き、そのあとにサイトカイン10が新しい細胞を作るそうです。

なので、アンチエイジングには歩くこと! サイトカイン10は早歩きをして、10分ほどで分泌されます。そこで止めると止まってしまい、30分ほど続けると、血液中にサイトカイン10が数時間残る状態になって若がえり効果があるそうですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。