sawaのダイエットと健康

気になるダイエットと健康について・・・
TOP ≫ CATEGORY ≫ 日記
CATEGORY ≫ 日記
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

そうかな~

「髪は女の命……」いつの時代も女性の美しいロングヘアーは、羨望の的になり得るもの。でも「長い髪にも飽きたし、ちょっと思い切ってボブにしたのはいいけれど、やっぱり切るんじゃなかったな」と後悔したことのある方も多いのでは?

でも、残念ながら髪の毛が伸びる速さは人種によってほぼ決まっていて、さらには個人差も大きいとか。平均して、一日に約0.3mmと言われていますから、一ヶ月でようやくおよそ1cm伸びる程度なんです。

ただがっかりするのは早いかも。髪の毛を一気に10cm伸ばすことはできなくても、できるだけ速く伸ばすために注意すべきことがあります。今回は、現役医大生でWebライターの朽木誠一郎さんにそのティップスを教えて頂きました。

■1:タバコをやめる
髪を速く伸ばしたいのであれば、絶対にタバコは止めましょう! 髪の毛を作る毛母細胞は、毛根の中枢にあり、毛細血管によって栄養を送られています。一方、タバコに含まれるニコチンには、末梢血管を収縮させる作用があります。

つまり、タバコを吸うと髪の毛に送られる栄養が減る、あるいは止まってしまうのです。これでは、工場に供給する原料をわざわざストップするようなもの。髪の毛を速く伸ばしたいのなら、タバコは控えてください。

■2:大豆を食べる
髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質。つまりタンパク質が髪の毛の材料なのです。材料がなければ工場は製品を作れません。日々の食事から、タンパク質を摂取しましょう。

脂肪分が少なく、それでいて良質なタンパク質といえば、ズバリ大豆! そして大豆の効能はそれだけではありません。

身体の中で女性ホルモンと同じような働きをするのが、大豆に含まれるイソフラボンだということは、もはや周知の事実ですよね。大豆は髪だけでなく女性の為の救世主とも言えそうです。

■3:サプリメントはほどほどに
髪の毛の原料であるタンパク質ケラチンを作るのに、亜鉛が必要だとする説は有力です。少なすぎると味覚障害になることがありますが、一方で摂取しすぎも中毒症状を引き起こして危険。

サプリメントを利用する場合は、その名のとおりあくまでも補助的に、用法用量をしっかり守りましょう。ちなみに亜鉛は、牛肉や豚肉、パルメザンチーズなど、自然の食品にも多く含まれるものがあります。

■4:ストレスのない生活を送る
現代人にとってストレスのない生活を送る方が難しい……とはいうものの、ストレスは亜鉛の消費を促進するという考え方があるんだとか。

そうでなくても、飲酒や食生活の乱れによって亜鉛の不足は必至です。

また、ストレスによる不眠は自律神経の働きを乱し、その結果、全身の血流が阻害され、やはり髪の毛にはよくありません。髪の毛を速く伸ばしたいのなら、極力ストレスのない生活を心掛けたいもの。

■5:しっかり睡眠をとる
からだを成長させるうえで、もっとも大きな働きをしているのが、成長ホルモンです。

髪の毛もまた、このホルモンの働きにより成長することが知られています。残念ながらこのホルモンは睡眠時にのみ分泌されます。しっかりと睡眠をとること、シンプルですが最も大切なことです。

以上5つの注意事項は、髪の毛のみならず、全て女性の美容と健康に直結するもの。ぜひ、普段の生活から見直して健康で輝く髪を手に入れてください。
スポンサーサイト

知らなかった・・・

みなさんが住んでいる「都道府県」はどこですか? 歴史の授業で習ったとおり、明治時代に「廃藩置県」が行われて、初めて「県」ができました。しかし、実は当時できた県は、今の県とはずいぶん違っています。
現在は「1都1道2府43県」と覚えたように、「県は43県」ですが、廃藩置県の行われた1871年(明治4年)には「72県」(+3府、北海道と沖縄を除く)もあったのです。あまり知られていない「消えてしまった県」の話をご紹介します。


■北海道は3つの県だった!

北海道は今では「北海道」と1つですが、明治すぐ、1871年(明治4年)の廃藩置県の段階では、「北海道開拓使」というものが置かれました。1882年(明治5年)には「廃藩置県」ならぬ「廃使置県」が行われて、「札幌県」「根室県」「函館県」になりました(ほかに北海道事業管理局という局があった)。

ところが1886年には県が廃止され「北海道庁設置」が行われるのです。

■「二本松県」「若松県」「磐前県」からできた「福島県」

現在の福島県の西白河、伊達、信夫、安達、安積、岩瀬が「二本松県」、耶麻、河沼、大沼、北会津、南会津が「若松県」となりました。

この2つの県に、「磐前県」になっていた相馬、双葉、石城、田村、東白川が一緒になって現在の「福島県」になっています。

■武蔵国から「入間県」!?

江戸時代の「武蔵国」(むさしのくに)の北部、現在の埼玉県のほとんどがまず「入間県」に。その後、「群馬県」と合併して「熊谷県」に! その後、熊谷県がバラされて、埼玉県と群馬県に分割。入間県だった場所は埼玉県になりました。

■すごく広い石川県だった!

1871年(明治4年)の段階で、新川県、七尾県、金沢県、福井県、敦賀県がありました。新川県は現在の富山の一部。七尾県は現在の富山県の一部と石川県の一部を合わせたもの。金沢県は現在の石川県の一部(加賀国と合致)。福井県と敦賀県を合わせると現在の福井県になります。

1876年(明治9年)には、この5つの県が合わさった領域が1つの石川県に再編されました。つまり、現在の富山県、石川県、福井県を合わせた領域が「石川県」だったのです(ただしこのとき若狭地方が滋賀県に編入)。

「いくらなんでも……」という反対の声が上がり、現在の県の形に落ち着きました。

■奈良県危うし! 消滅の危機があった!

奈良県はなくなりそうでした。1871年(明治4年)には、それまでの「大和国」(やまとのくに)は「奈良県」になりました。しかし、1876年(明治9年)には堺県(現在の堺市、泉北、河内郡に相当)に併合されてしまいました。

あやうく「大阪府」にも併合されるところでしたが、堺県は大阪府に編入され、「奈良県」は現在の形で分かれて設置されることになりました。

■中国地方には「浜田県」「北条県」があった!

1871年(明治4年)には、「石見国」(いわみのくに)に当たる「浜田県」、「美作国」(みまさかのくに)に当たる「北条県」が置かれました。1876年(明治9年)に、浜田県が島根県に、北条県が岡山県に併合されて2つともなくなってしまいました。

■えっ!? 徳島と淡路島と香川が一緒?

1871年(明治4年)に設置された「名東県」(みょうどうけん)。現在の徳島県と淡路島を合わせた県です。淡路島は現在では対岸の兵庫県に入っていますが、当時は四国側の仲間でした。なぜかというと、旧徳島藩が淡路島も領有していたからです。

この名東県には「香川県」も編入されたことがあります。1873年(明治6年)には香川県も含めて名東県になりました。その後、香川が今度は「愛媛県」に、淡路島が「兵庫県」に編入、徳島がなんと「高知県」に編入されるという大改編。

1876年(明治9年)には、四国地方に「愛媛県」と「高知県」の2国(2県)しかない状態でした。「いくらなんでも……」という反対の声が挙がり、現在の4県になりました。

■九州には最初11県ありました!

1871年(明治4年)当時には九州にはなんと11県ありました。大分県、小倉県、福岡県、三潴県(みずまけん)、伊万里県(いまりけん)、長崎県、熊本県、八代県(やつしろけん)、美々津県(みみつけん)、都城県(みやこのじょうけん)、鹿児島県です。

それが1876年(明治9年)には大分県、福岡県、長崎県、熊本県、鹿児島県の5つに再編されました。現在の佐賀県は長崎県、宮崎県は鹿児島県に含まれていました。ちなみに、「沖縄県」が置かれたのは1879年(明治12年)のことです。

■「廃藩置県」のすったもんだ! 「減らして」また「増やす」

明治政府は、1871年(明治4年)の廃藩置県でまず藩を「県」に変更しましたが、この時点では名称が変更されただけで、県境も曖昧なら、藩には飛び地の領地があったりして「ここはどうするんだ」と問題山積でした。

日本全国に「藩」は300以上ありましたから、これを全部「県」とするなら最初は「300県」以上あったことになります。ただ、これは統治単位としてはいくらなんでも多すぎます。

明治政府はその切り分け、再編、行政区分の確定を行います。結果、北海道と沖縄県を除いて72県になりました。

その後、細かい再編が行われ、1876年(明治9年)の大改編で35県に。ところがこの35県には「減らしすぎだろ」という反対意見が多く、また「○○県復活しろ!」という運動が各地で起こりました。

1888年(明治21年)から1890年(明治23年)にかけての府県制の確立によって、現在の43県に落ち着きました(これ以降ほぼ変更はありません)。

ちなみに「府」は最初からずっと「東京府」「京都府」「大阪府」の3つで、第二次世界大戦中に東京府が東京都になったため、現在の2府になりました。

江戸時代に使っていた行政区分を全くやり直すという作業は並大抵なことではなかったでしょう。今でも「市の合併」なんて作業にはかなりの労力を要するものです。

役立つこと

冬のイベントが目白押しのこの時期。混雑した場所で待ち合わせをして、なかなか彼の姿を見つけられないこと、ありますよね。また、人混みの中で彼とはぐれてしまって、不安になることも……。

こんなときに、頼みの綱であるはずのスマートフォンの充電が切れてしまったら、どうしますか? 周りに充電できる場所がなかったり、うっかり家にモバイル充電器を忘れたりしてしまっていたら……? 恐怖と不安でいっぱいですよね。

そこで、今すぐスマートフォンの設定を見直して、いざという時に、彼や友達に迷惑をかけない女性になりましょう!

スマートフォンの電池の消費を減らす一番明確な方法は、“利用時間を減らすこと”。でもそんなことができたら苦労はしませんよね。ここでは『PCWorld』を参考に、ちゃんと使いながらも電池の消費を減らす8つの方法をご紹介します。

■1:画面の輝度を暗く設定する
色鮮やで美しい画面(ディスプレイ)は、スマートフォンの最大のメリットですが、何よりも多くのバッテリーを消費しているのがこの画面表示です。

ほとんどの機種には、周囲の明るさやシステムの動作状況に応じて、画面の明るさを調節する機能が搭載されています。でも、それよりもさらに効果的に消費電力を下げるために、ディスプレイの設定で、画面の明るさをできるだけ下げておきましょう。これだけで電池の持ちは飛躍的によくなるのです!

■2:スクリーン表示のタイムアウト時間を短くする
スクリーンタイムアウトとは、スマートフォンから手を離してから画面が暗くなるまで時間のこと。画面の設定メニューで、スクリーン表示の時間を短く設定して、電池の消費を抑えましょう。

多くのAndroidスマートフォンの最低限度は15秒ですが、あまり短すぎると、メールを読んでいる途中で画面が暗くなってしまうかもしれません。ここでは30秒程度に設定しておきましょう。

■3:Bluetooth、Wi-Fi、GPS機能をオフにする
(1)Bluetooth
ハンズフリーのヘッドセットを使って電話をするときにBluetoothの無線が使われますが、使う必要がないときの方が多いですよね。Bluetoothの機能をオフにすると、電池の持ち時間がなんと1時間以上も増えるのだそうです! とくに必要のない機能は、とにかく切っておきましょう。

(2)Wi-Fi
Wi-Fiによる無線通信は、家やオフィス、Wi-Fiサービスエリアで使うことはありますが、移動中や戸外のWi-Fiサービスエリア以外の場所では使いませんよね。Wi-Fiも使う時以外はオフにしておきましょう。

(3)GPS機能
近くのレストランを見つけたり、SNSでチェックインしたりするとき、位置を測定するためにアプリによって使用されるのがGPS機能。しかしこれが、意外にもスマートフォンの電池を消費してしまっているのです! とても便利な機能ですが、使用はほどほどにしましょう。

■4:使っていないアプリを終了させる
アプリケーションの中には、裏で知らないうちに起動してしまっているものがあります。そして、その分、電池も消費されてしまいます。

これらをチェックして、こまめに切るようにしましょう。Androidスマートフォンの場合は、不要なアプリを監視し、自動で終了させるという機能を持った『Advanced Task Killer』というアプリが便利です。またiOSの場合は、マルチタスクトレイを表示して、不要なアプリを終了させることができます。

■5:バイブを使わない
着信時にバイブを選択している場合、着信音を鳴らすよりも多くの電力を使ってしまっているのです。にぎやかな音が気になる場合は、音量を小さめに設定しておくか、目に見えるところに置いておきましょう。

■6:不必要な通知はオフにする
ほとんどのアプリは、アップデートやメッセージの受信時、音を出したり、画面を光らせて通知してくれたりします。中には重要な通知もありますが、不要な通知はオフにしておきましょう。

■7:節電モードを使用する
Androidスマートフォンには、節電モードが付いているものがあります。デフォルト設定では、バッテリレベルが20%まで落ちるとオンになりますが、例えばこれを30%でオンになるように設定することもできます。つまり、早めに節電モードに切り替われば、それだけ電池も長持ちするのです!

■8:面倒な設定はアプリに任せる
手動でスマートフォンの設定を変えることで、電池の使用可能時間を2、3時間ほど延ばせる可能性がありますが、設定するのはかなり面倒ですよね。

Androidスマートフォンには、『JuiceDefender』という、無線のオンオフを自動的に切り替えて、CPUの使用を抑えたりしてくれる便利なアプリがあります。こんなアプリも合わせて使ってみましょう。

ゲームやSNSなどに熱中して、ついついスマートフォンを長時間操作してしまい、気付けば電池残量が残り少なくなっていることも。そんなスマートフォンも、ちゃんと機能を管理して、こまめに節電することで、使用時間をより長くさせることができるのです。

地震などの災害時や、彼や友達とはぐれてしまった時など、必要な時にスマートフォンが使えなくなってしまうと本当に困ります。備えあれば憂いなし。今すぐ設定しておきましょう!

おめでとうございます^^

今年も のんびりダイエットしたいと思います^^;




十干十二支(じっかんじゅうにし)

略して干支(かんし)といい、日本では「えと」という。干支の知識は中国に発生したものが、朝鮮を通じて日本に移入された。中国では干支の知識は古代からあったが、それを年暦に用いたのはずっと遅く、前漢時代(前202~後8)といわれている。日本に大陸より暦法が伝えられたのは、『日本書紀』によれば、553年(欽明天皇14)に内臣を百済(くだら)に遣わして暦書を求めしめたのが最初という。しかし実際に暦法が政治のうえに採用されたのは推古(すいこ)朝になってからである。602年(推古10)に百済の僧観勒(かんろく)が来朝して暦本を伝え、それによって書生が暦法を学んだのである。

伊勢貞丈(いせさだたけ)の『安斎随筆(あんさいずいひつ)』に、「十干十二支の名神代(かみよ)より応神(おうじん)天皇御代(みよ)王仁(わに)が来朝以前までしらずして有りしなるべし。彼(か)の御代十六年に王仁来りて其(そ)の百済国乙巳(おっし)の年なるをもつて日本も乙巳の年なることを始めて知りて夫(それ)より年々幹支を知りて逆に推して神代の幹支をも知りしなるべし」とある。干支の干は幹であり、支は枝であるという。十干は甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)をいい、十二支は子(し)(ね)、(ちゅう)(うし)、(いん)(とら)、(ぼう)(う)、(しん)(たつ)、(し)(み)、午(ご)(うま)、未(び)(ひつじ)、申(しん)(さる)、(ゆう)(とり)、(じゅつ)(いぬ)、(がい)(い)をいう。この十干と十二支を組み合わせて暦日(れきじつ)を数えるのであるが、かりに甲子(きのえね)の年から始めると10と12の最小公倍数が60なので、61年目にふたたび甲子となる。それで数え年61歳となると還暦(かんれき)の祝いをする風習が始まった。これに陰陽五行説が結び付き、十干を陽干すなわち兄(え)〈甲丙戊庚壬〉と陰干すなわち弟(と)〈乙丁己辛癸〉とに分け、これに五行すなわち木、火、土、金、水を配して、きのえ(甲)、きのと(乙)、ひのえ(丙)、ひのと(丁)、つちのえ(戊)、つちのと(己)、かのえ(庚)、かのと(辛)、みずのえ(壬)、みずのと(癸)と称している。

以上記述したように日本では干支五行説によって暦年月日を数えることが行われてきた。ただ数字による暦日の数え方と違い、このように自然物や動物を用いた名称はいろいろな俗信を生じがちであり、人生百般の事柄について日の吉凶ということを気にするようになっている。

十二支の動物は中国のものをそのまま移入したようであるが、中国でなぜそれらの動物を採用したかはよくわからない。「子」「」などという十二支の漢字には本来動物の意味はなかったようである。

女性のすっぴん

男性にすっぴんを見せるのは勇気がいるものですが、男性にはどうしても見たい気持ちがあるようです。それは一体、なぜなのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性が『女性のすっぴん』を見たがる理由」をご紹介します。

【1】すっぴんでもかわいいか見極めたいから
「メイクってやっぱり騙しが入ってるよ(笑)」(20代男性)など、すっぴんを通じて認識できる素肌の美しさを「女性の真の美しさを測る指標」ととらえる男性もいるようです。すっぴんを見せることは緊張しますが、とびきりの笑顔ですっぴんを披露すれば、「かわいい!」とときめいてもらえるかもしれません。

【2】素顔と化粧をした顔を比べてみたいから
「メイクでどれくらい変わるのか興味がある」(20代男性)と、単純な好奇心からすっぴんを見たがる男性もいるようです。すっぴんを見て「化粧した顔と全然違う!」とおもしろがるような男性は、「そんなに変わらないでしょ(笑)」と華麗に流してしまいましょう。

【3】すっぴんの幼い雰囲気が好きだから
「特に彼女のすっぴんなら最高!」(20代男性)と、純粋に女性のすっぴんを愛するケースです。やわらかそうな素肌や、輪郭がぼやけたことであどけなく見える顔立ちが好みなのでしょう。旅行などで彼氏にすっぴんを見せる機会があったら、かわいらしいパジャマを用意していつもと違う魅力を演出してはいかがでしょうか。

【4】素の部分が見られる気がするから
「生まれたままの顔の状態だと、心も裸になるのでは?」(20代男性)というように、女性の「素」が見られると考える男性もいるようです。男性の前ですっぴんになったときには、いつもよりちょっと素直な態度を心がけると、より打ち解けた雰囲気で会話を楽しめそうです。

【5】メイクの工程に興味があるから
「女の子の化粧に興味がある」(20代男性)と、すっぴんそのものというよりは、メイクをした普段の顔への変身過程に興味を持つ男性もいるようです。メイク完成までのプロセスを隣で見てもらうことで、互いに「秘密」を共有した気分になり、精神的な距離が近づくでしょう。

【6】素顔を見ることで、ほっとできるから
「作り物って感じがして、一緒にいても安心できない」(20代男性)と、メイク後の女性の顔を受け付けない男性もいるようです。素顔を見ることで、ほっとするタイプの男性に対しては、家デートなどで和みながら、すっぴんを披露してみるのもいいでしょう。

【7】素肌の美しさを確認したいから
「肌がキレイだと、きちんとした子だなと思う」(20代男性)という声は多く、素肌の美しさには、見た目だけにとどまらない付加価値があるようです。思い切ってすっぴんを公開するなら、プリップリの肌を見せて男性を驚かせてみてはいかがでしょうか。

【8】ぐっと親密になれる気がするから
「すっぴんを見せるのは心を許した証拠でしょ?」(20代男性)など、「女性がすっぴんを見せる相手は特別」と考える男性は多いようです。すっぴんで好きな男性に会うときは、いつも以上に積極的なスキンシップを試みると、ふたりの関係が一気に進展するかもしれません。

【9】飾らない自然体の表情が見られるから
「すっぴんだといつもより肩の力が抜けた表情になる」(20代男性)など、女性の飾らない表情を見るためには、すっぴんが不可欠だと考える男性もいるようです。素の表情にガッカリされてはもったいないので、「口角をあげて笑顔を絶やさない」など、表情美を研究する必要がありそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。